事業内容

運送部門 〔セメント原燃料・産業廃棄物の収集運搬〕

土砂ダンプ・自動天蓋付水密深煽りダンプ・汚泥運搬専用タンク車・汚泥運搬専用アームロール車・粉粒体運搬車・15t規制緩和ダンプ・
ダンプセミトレーラといった各種車輌をそろえ、多種多様な荷物の運搬に対応しております。
特に、産業廃棄物の運搬業務に関しましては飛散及び流出の完全防止、臭気対策においては発煙筒を荷台内部で焚いても煙の全く漏れない車輌を開発致しました。
(三菱マテリアル(株)横瀬工場と共同特許申請中 特願2001‐059977・2001‐059878)

◎産業廃棄物等の運搬実績(平成25年度)
産業廃棄物の種類 年間運搬量
燃え殻
5,764t
汚泥
65,099t
鉱さい
13,512t
ばいじん
48,300t
廃プラスチック類
2,540t
その他
5,405t
140,620t
   
◎汚染土壌運搬実績
41,414t
産業廃棄物収集運搬業許可取得状況はこちら

下水汚泥処理の運搬開始まで

車両の製造

運搬中の異臭及び荷台からの流出を防止する目的で『水密式天蓋車』及び『汚泥専用密閉車』を導入しました。

車両の用途

『水密式天蓋車』 比較的臭気の少ない下水汚泥の運搬に使用しています。
『汚泥専用密閉車』 臭気の強い下水汚泥の運搬に使用しています。臭気対策に関して試行錯誤を繰り返し、
約10ヶ月費やして開発に成功しました。

当社では『環境にやさしい運転=人と社会にやさしい』と考えております。

輸送・運送業にとって、交通事故はあってはならないこと。生命の安全・積荷の安全を守るためだけでなく、事故防止は社会的な責務であることを認識し、客観的なデータでの安全運転評価など公平な教育・指導を実施しています。併せて環境にやさしい運転(エコドライブ)も同システムを利用し評価実施しているため、乗務員のエコ運転意識の高揚に繋がっています。

鉱業部門 〔セメント原料の粘土採掘〕

秩父郡市内にある3箇所の採掘場にて大型重機で
昭和48年から現在に至るまで粘土の採掘及び積込業務を行っております。

セメント製造補助業務 〔横瀬工場内での常駐作業〕

三菱マテリアル(株)横瀬工場内に40名程常駐し、原料受入ホッパーでの荷役業務及び
原料ヤードまでの管理業務・キルン(回転窯)内の煉瓦補修業務・各設備等の清掃業務
・天井クレーン操作業務・製品及び各種原料の検査業務等を担当しております。